キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
2. 事務所閉鎖・統合の手続き・注意点について
3. 日系企業復権のためには「労務力」の向上を
4. 親会社への債務保証料の送金
5. 奨励類認定による設備の免税輸入
新法令速報
2017/11/17   新法令速報416号  NEW !
2017/11/10   新法令速報415号  
2017/11/3   新法令速報414号 会員限定 
2017/10/27   新法令速報413号 会員限定 
2017/10/20   新法令速報412号  
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2017/11/20 vol.550 NEW !
 2017/11/13 vol.549 
 2017/11/6 vol.548 
 2017/10/30 vol.547 
 2017/10/23 vol.546 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
企業案内
 キャストグループ
 
【キャストの中国知財・摸倣対策】あらゆる知財・摸倣対策に関するサービスをワンストップで~
2015年10月9日


中国知財・模倣対策


中国では、BtoCからBtoBまで、あらゆる業界において模倣被害が生じており、また、近時は、単純な偽モノだけでなく、特許権侵害や営業秘密侵害など、高度な問題も多発しており、これには法律のみならず実務の実態を踏まえた適切な対策が不可欠です。
キャストグループでは、中国現地においても実績を重ねております弁護士の島田敏史が中心となり、貴社のあらゆる中国知財問題に誠実、迅速に対応させていただきます。


例えばこんな方に
₋ 模倣品が見つかったがどう効率的に対処してよいかわからない
₋ 今実施している模倣対策の効果が実感できない
₋ 中国の調査会社から一方的に模倣品情報が送られてくるが適切に対処しきれない
₋ 特許権侵害へ対応したいがうまく証拠収集ができない
₋ 特許権侵害訴訟について、可能な限り勝訴確率を高めたい
₋ 自社のロゴ、デザイン、技術がいつの間にか第三者の権利になっており取り戻したい
₋ 営業秘密が流出した可能性があり速やかに対応したい
₋ 商標が普通名称化しつつあるが、これを回避したい
₋ 展示会で他の出展業者に知財侵害行為がないか確認したい
₋ 税関で模倣品を差し止めたい、逆に模倣品でないモノが止まってしまいすぐに通関させたい


特長
1. 初回のご相談は無料
 案件が異なる場合は、何度でも初回のご相談は無料です。これまでの知見に基づき、初歩的な見解を即時ご提供致します。

2. 完全日本語対応
報告書は日本人による翻訳・監修済みのものとし、ご連絡も日本人より対応致します。そのため、現地代理人に依頼した場合に生じがちなミスコミュニケーションの問題はございません。

3. 豊富な経験に基づく見通しの提示
豊富な経験に基づき過去の同種事例や経験則から、予め結果や予算、期間の予測をし、ご依頼時のイメージとのズレを可能な限り小さくします。

4. 調査・摘発から訴訟までワンストップ対応
 一般に、調査・エンフォースは調査会社、訴訟は法律事務所と分かれることが多いと思われますが、これらの機能の双方を有する当方では、これらをワンストップで対応致します。


◆◇◆ 取り扱いサービス ◆◇◆

 模倣品、模倣業者調査
貴社の知的財産を侵害する模倣品や、模倣業者について、これらに対する法的措置を実施するため、事実関係を把握し、証拠の有無・所在等の必要な情報を収集する調査仕様を立案、遂行します。

 エンフォースメント
貴社の知的財産を侵害する模倣品や模倣業者に対し、警告状の送付や行政摘発、刑事摘発あるいは民事訴訟を実施し、模倣品の押収等を実施し侵害行為を停止させます。

 証拠収集
エンフォースメントに必要な証拠を収集します。
中国では多くの場合、証明力を確保するために、証拠について公証認証手続を付す必要がありますが、この公証認証手続を代行致します。

 権利出願
商標権、専利権(特許・実用新案・意匠)、著作権等の各種出願を代行します。
評価証明書の取得や無効化のための情報提供等についても対応致します。

 冒認出願対応
中国において第三者により、商標、意匠、特許、実用新案、著作権の登録がなされている場合、これに対し、無効化、取り戻し等の戦略を立案、遂行します。

 営業秘密侵害対応
従業員による営業秘密の持ち出し、取引先による営業秘密の侵害等に対し、調査、証拠収集、エンフォース等の対応戦略を立案し、遂行します。防止策のご相談も承ります。

 コンサルティング
他の代理人を利用しているものの、知識、経験、コミュニケーション等に不安があるような場合に、当方よりアドバイスを致します(セカンドオピニオン)。
その他、中国知財・模倣対策に関するあらゆるご相談を承ります。

 法律調査
権利侵害の成否、権利の無効化の可否、権利執行を受けるリスク等、中国知的財産に関する法的諸問題を分析、検討致します。
公知文献・先使用証拠等の収集について、対応方針案を立案、遂行します。

 模倣品対応窓口代行
お客様や関係当局、民間調査会社などから、貴社の模倣品に関する情報が寄せられる場合に、この連絡窓口を代行し、情報をスクリーニングし、対応方針を立案した上、貴社にご報告致します。

 一般名称・普通名称化防止
中国では他人のブランドにフリーライドする行為が多く、そのため、日本よりも一般名称化、普通名称化のリスクを孕んでいます。これに対し、最善の対応戦略を立案、遂行し、一般名称化、普通名称化を防止します。

 公的助成申請代行
ジェトロ主催の中小企業海外侵害対策支援事業の申請について、効果的な調査、エンフォースの仕様を立案し、申請をサポート致します。

 展示会対応
展示会における知的財産権侵害行為の有無を調査致します。
展示会会場において知的財産権侵害行為が確認される場合はこれへの摘発を要請致します。

 税関対応
模倣品の税関による差止めを代理致します。また、通関時のトラブル処理に迅速に対応致します。

 

日・中 知財関連拠点所在地
WS000006.JPG


弁護士法人キャスト拠点・・・東京、大阪、上海、北京、ホーチミン(地図外)
知財関連提携調査会社拠点・・・上海、広州、成都、武漢、瀋陽




お問い合わせ・初回無料相談のお申込は・・・

弁護士法人キャスト
〒105-6234 東京都港区愛宕2丁目5番1号
愛宕グリーンヒルズMORIタワー34階(東京事務所)
TEL : 03-5405-7850 担当:島田
FAX : 03-5405-3305
E-mail:
WS000005.JPG

 

 

 

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.