キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
2. 「『労災保険条例』執行に係る若干問題に関する意見(二)」を雇用単位の角度から重点解読する
3. 中国:現行の税目と行政費用
4. 勤務地と居住地が異なる場合の留意点
5. 税関による輸入貨物の価格査定とロイヤルティ
新法令速報
2016/6/24   新法令速報347号  NEW !
2016/6/17   新法令速報346号 会員限定 
2016/6/12   新法令速報345号 会員限定 
2016/6/3   新法令速報344号 会員限定 
2016/5/27   新法令速報343号 会員限定 
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2016/6/27 vol.481 NEW !
 2016/6/20 vol.480 
 2016/6/13 vol.479 
 2016/6/6 vol.478 
 2016/5/30 vol.477 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
グループ・関連企業
 キャストグループ
 弁護士法人キャスト
 キャストコンサルティング(株)
 キャストコンサルティング(上海)
 村尾龍雄律師事務所
 加施德投資香港有限公司
 税理士法人キャスト
 キャストコンサルティング(ミャンマー)有限会社
 弁護士法人キャスト ホーチミン支店
 
企画・特集 > キャスト・ウィークリー・ニュース

2015年も人民元高は続く傾向に
更新日時: 2015年1月1日

キャストコンサルティング(上海)有限公司 総経理 前川 晃廣

 中国での事業運営において、為替レートの変動も、関係者の頭を悩ませる一つの問題です。キャストは金融機関ではないので、本稿で為替レートの予測を行うつもりはないのですが、多くのマスコミが日本円と米ドルのレートにしかスポットを当てていない現状を鑑み、少し人民元レートとその見方のお話をさせていただきます。

 まず、中国ビジネスに従事する人が人民元レートを見る際には、「短期」「中期」「長期」に分けて考えることをお勧めします。

 「短期」とは、本日午後・明日・今週末、くらいまでの、貿易で言えば「at sight 決済」期間で気にしなければならない為替の動きです。円/ドルで言えば、通常時でも1日に1~2円動きますが、揺り戻しもありますので、あまり一喜一憂しなくてもよい範囲の動きです。

 「中期」とは、1~3ヶ月後までの、貿易でいえば「usance 決済」を行う時期のレートを指します。銀行で為替予約できるのは、主としてこのターム(期間)です。

 「長期」は、1年以上先の為替レートの動向です。中国での事業運営では、この「長期」レートをどのように考えてリスクヘッジをしていくか、が経営の成否を大きく左右します。

 本稿では、主として「長期」の観点から、人民元レートを見ていきます。

 詳細数字は末尾の「月間平均レートの推移」をご参照いただきたいのですが、2008年9月に起きたリーマン・ショックの余韻をひきずる2009年年初から2014年末までの6年間の推移につき、2009年1月を①(赤色)、2011年秋を②(黄色)、2014年12月を③(緑色)、と定義してご説明します。

 ①→②の約3年間で、円/ドルは、①90.48円→②76.77円、と変化しました。この時期は、発足したオバマ政権が安定運営に入った時期なのでドルが安くなる要素には乏しく、かと言って日本経済が好況であったわけでもないので、「不気味な円高」が進んだ時期です。円/元レートも、①の13.23円からジリジリと円高に動き、②の時期には12.04円と円の最高値を記録しました。

 ②→③の約3年間、ドルと円の関係では、ドル高というよりむしろ急激な円安が進行しました(②76.77円→③119.31円、円の価値は100→64に下落)。円と元の関係では、円安に元高が乗っかり、対ドルよりも大きな円安となりました(②12.04円→③19.48円、円の価値は100→62に下落)。

 ご存知のように、人民元レートは、完全な自由市場で決定されるのではなく、乱高下を避けるために人民銀行が毎日一定の枠内にレートを誘導しています。欧米通貨を分析するときと同じ手法で物知り顔で元相場を語る銀行や証券会社のエコノミストがいますが、「人民元相場は、人的に操作されている」ということを忘れないでください。徐々に元高に誘導してきたこの6年間は、若干の揺れはあったものの、①6.838元→③6.124元、即ち、元の価値を対ドルで、100→112へ上昇させました。

 李克強首相主導と言われる2014年11月の久々の利下げで、元の上昇に一定の歯止めがかけられた、との報道もありますが、対中貿易赤字をかかえる米国が元高を望んでいることを考えると、元の上昇基調を無理やり止めることはできないでしょうし、円高の気配は感じられないことから、2015年も「元高・円安」傾向が収束することはないでしょう。(もちろん中国ですので。「想定外の事態」が勃発する可能性は、否定できませんが…。)

 2015年の年初にあたり、「中国で造る時代」から、「中国に売る時代」=「人民元で回収する仕組を主体とする時代」、への変化に早く気づいて対応を打った人が勝利を収める段階、に既に突入しているものと感じています。

(まえかわ・あきひろ=証券アナリスト・銀行出身)



月間平均レートの推移 (各所報道より)  

円/ドル 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12
2009年  90.48  92.50  98.16  99.00 96.30
 96.52  94.50  94.84  91.49  90.29  89.19  89.56
2010年  91.16  90.28  90.52  93.38 91.77  90.92  87.71  85.47  84.39  81.87  82.48  83.43
2011年  82.61  82.50  81.79  83.35 81.26  80.51  79.40  77.22  76.84  76.77  77.58  77.86
2012年  76.98  78.39  82.43  81.49 79.72  79.32  78.98  78.66  78.17  78.97  80.79  83.58
2013年  89.16  93.17  94.79  97.70 101.08  97.33  99.75  97.87  99.28  97.82  99.79 103.41
2014年 103.94 102.16 102.27 102.56 101.79 102.05 102.78 102.96 107.24 108.06 116.21 119.31


 円/元 

 1月

 2月

 3月

 4月

 5月

 6月

 7月

 8月

 9月

 10月

 11月

 12月

 2009年

 13.23

 13.53

 14.36

 14.49

 14.11

 14.12

 13.83

 13.88

 13.40

 13.22

 13.06

 13.12

 2010年

 13.35

 13.22

 13.26

 13.68

 13.44

 13.34

 12.94

 12.59

 12.52

 12.27

 12.39

 12.54

 2011年

 12.51

 12.53

 12.46

 12.77

 12.50

 12.43

 12.29

 12.05

 12.04

 12.08

 12.24

 12.30

 2012年

 12.19

 12.44

 13.07

 12.94

 12.64

 12.56

 12.49

 12.41

 12.33

 12.51

 12.83

 13.29

 2013年

 14.20

 14.83

 15.11

 15.64

 16.31

 15.77

 16.16

 15.86

 16.12

 15.93

 16.26

 16.91

 2014年

 17.03

 16.71

 16.67

 16.66

 16.52

 16.58

 16.66

 16.71

 17.43

 17.59

 18.91

 19.48


 元/ドル

 1月

 2月

 3月

 4月

 5月

 6月

 7月

 8月

 9月

 10月

 11月

 12月

 2009年

 6.838

 6.836

 6.838

 6.831

 6.825

 6.833

 6.832

 6.832

 6.829

 6.828

 6.827

 6.828

 2010年

 6.827

 6.827

 6.826

 6.826

 6.827

 6.817

 6.778

 6.790

 6.742

 6.673

 6.656

 6.654

 2011年

 6.603

 6.584

 6.566

 6.529

 6.499

 6.478

 6.461

 6.409

 6.383

 6.357

 6.339

 6.329

 2012年

 6.316

 6.300

 6.308

 6.297

 6.305

 6.318

 6.324

 6.340

 6.339

 6.314

 6.296

 6.290

 2013年

 6.279

 6.284

 6.275

 6.247

 6.198

 6.171

 6.172

 6.171

 6.158

 6.140

 6.138

 6.117

 2014年

 6.104

 6.113

 6.137

 6.155

 6.163

 6.156

 6.167

 6.161

 6.152

 6.144

 6.144

 6.124


 


このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


  関連キーワードを含む参考コンテンツ一覧
[重要度順]
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国法人の撤退(持分譲渡・解散清算)
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国での会社設立
2013年08月13日 [投資] 技術出資先の現法から更にロイヤリティが取れるか
2014年09月19日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報261号
2009年09月07日 [無料メールマガジン アーカイブ] キャスト中国ビジネス 会員マガジン  2009/9/7 vol.147

  関連キーワードを含む参考コンテンツ一覧
[時間順]
2014年09月19日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報261号
2013年08月13日 [投資] 技術出資先の現法から更にロイヤリティが取れるか
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国法人の撤退(持分譲渡・解散清算)
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国での会社設立
2011年07月22日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報104号


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.