キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
2. 上海の経済補償金の計算基数について
3. 中国へ無償で設備を輸入する方法
4. 中国の計画出産政策の調整及び中国の労働雇用管理に対するその影響(二)
5. 中国の消費者権益保護制度の誕生、変遷及び在中日系企業への啓発
新法令速報
2016/5/27   新法令速報343号  NEW !
2016/5/20   新法令速報342号  
2016/5/13   新法令速報341号 会員限定 
2016/5/6   新法令速報340号 会員限定 
2016/4/28   新法令速報339号 会員限定 
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2016/5/23 vol.476 NEW !
 2016/5/16 vol.475 
 2016/5/9 vol.474 
 2016/5/2 vol.473 
 2016/4/25 vol.472 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
グループ・関連企業
 キャストグループ
 弁護士法人キャスト
 キャストコンサルティング(株)
 キャストコンサルティング(上海)
 村尾龍雄律師事務所
 加施德投資香港有限公司
 税理士法人キャスト
 キャストコンサルティング(ミャンマー)有限会社
 弁護士法人キャスト ホーチミン支店
 
企画・特集 > キャスト・ウィークリー・ニュース

従業員に支払う「経済補償金」を考える
更新日時: 2014年7月1日

キャストコンサルティング(上海)有限公司
  総経理 前川晃廣
(中小企業診断士/証券アナリスト)


 中国では、会社都合で従業員との労働契約を解除する際や、会社都合で契約の期日で以って労働契約を更新しない場合(いわゆる「雇い止め」時)には、会社が従業員に「経済補償金」を支払わなければなりません。これは、2008年に施行された「労働契約法」等に明確に定められています。「経済補償金」とは、会社都合で職を失う従業員の、今後の「経済」を、「補」い「償」うための、お「金」、と覚えてください。

 その金額は、カンタンに言うと「勤続n年の人にはnヶ月分の月平均賃金を支払う」というものです(更に細かい規定がありますが、ここでは割愛します)。なお、従業員が労働契約の途中で自己都合により退職した場合は、会社側に「経済補償金」支払う義務はないので、日本の「退職金」とは異なる概念である、と理解してください。

 この「経済補償金」は、現地法人にとって一種の「負債」なのですが、具現化しない(=キャッシュアウトしない)可能性もあるので「この重大さを明確に認識して経営を行っている現法は極めて少ない」というのが現状です。

 キャストが毎年数十件単位でサポートしている撤退(主に、現法の解散・清算)案件においても、会社都合で従業員を解雇しなければならないので、当然にして「経済補償金」の支払が必要になります。撤退と言っても、赤字を理由に中国から引揚げるだけでなく、中国事業全体の再編や他地域・他国への移転もありますので、今後は、貴社現法にも起こりうる話かもしれません。よって皆さまにお勧めしたいのが、毎年の決算時に「もしも本日、全従業員を会社都合で解雇したら、いくらの経済補償金を払わなければならないのか」を試算して、本社とも共有しておく、ということです。日本のような「退職給付引当金」という負債勘定を設定する必要はありませんが、この「見えざる負債」のインパクトを正確に把握しておかないと、いざという時に思わぬ出費を強いられ、場合によってはキャッシュが足りない事態に陥ることもあり得ます。

 「経済補償金」を法定額以上に払わされるケースも見受けられます。なお、法定の2倍を払わなければならないのは、現法側が労働契約法に違反して労働契約を解除した場合であり、「2倍が相場」ではありません。ネット上に飛び交う不確かな情報を鵜呑みにしないでください。

 広東省・福建省・江蘇省に多いのですが、「来料加工廠」を法人化する際に「経済補償金」を支払うべきか否か、もよく争点となっています。法人化しても従業員の業務内容・待遇は変わらないのですが、法人化前は工場を運営する中国企業(中国語では「商務単位」と言います。)との雇用関係にあった従業員が、法人化後は日系企業(もしくは、日本出資の香港系企業)との労働契約に切り替わる点を根拠に、「経済補償金」を求めて紛争に発展するケースも起こっています。このような紛争を事前に回避するためにも、確かな専門家にサポートを依頼することをお勧めします。キャストの確かな中国情報は、www.cast-china.biz から。


このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


  関連キーワードを含む参考コンテンツ一覧
[重要度順]
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国法人の撤退(持分譲渡・解散清算)
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国での会社設立
2009年09月07日 [無料メールマガジン アーカイブ] キャスト中国ビジネス 会員マガジン  2009/9/7 vol.147
2010年04月19日 [無料メールマガジン アーカイブ] キャスト中国ビジネス 会員マガジン  2010/4/19 vol.177
2011年07月22日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報104号

  関連キーワードを含む参考コンテンツ一覧
[時間順]
2014年09月19日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報261号
2013年08月13日 [投資] 技術出資先の現法から更にロイヤリティが取れるか
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国法人の撤退(持分譲渡・解散清算)
2012年01月06日 [事業スキーム] 中国での会社設立
2011年07月22日 [新法令速報 アーカイブ] 新法令速報104号


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.